PGA2320 電子ボリューム基板 2chステレオ 完成品(A)

PGA2320 電子ボリューム基板 2chステレオ 完成品(A)

販売価格: 6,800円(税込)

在庫数 25セット
数量:
PGA2320を使った2ch対応 電子ボリューム基板(A)です。
マイコン基板が下にあるタイプで、上に電子ボリューム基板を乗せますので、
組み上げてから電源やボリュームの配線は出来ませんが、電子ボリューム基板の増設が 簡単に出来ます。

*************************************************
この基板は、プロ用機器や民生用ハイエンド・オーディオシステム用にも対応した設計で、低歪・低ノイズで高ダイナミックレンジなどの特徴を持っています。

また、リレーによる完璧なミュート回路などを備えていますので、電源オン・オフ時のポップノイズは発生しません。

PGA2320の前段にはオーディオ用オペアンプを使ったバッファアンプを持ち、さらにACカップリングコンデンサには、非常に優れた物理特性を持つ「ECHU1H224」を使用するなど高音質に寄与しています。

マイコン基板と 電子ボリューム基板は別になっていますので、マイコンからアナログ回路へのノイズ伝搬も非常に少なくなっています。

入力電源は±15Vで、電流値は±30mA以上あれば動作しますが、
例えば、当サイトで発売している
±15V 低ノイズ正負電源 が使えます。
入出力には3.5mmステレオミニプラグが使えます。


写真3のように、ネジやスペーサー、10kBのボリュームも付属しますので、ご購入後すぐに動かすことができますよ。

2チャンネルの音量を1個のボリュームで同時にコントロールすることも出来ますが、
L/R個別のボリュームを使うことも出来ます。
また、ロータリーエンコーダーを使うことも出来ます。
これらは、6ピン ピンヘッダのジャンパーの切り替えで行います。
(出荷時は1個のボリュームコントロール状態で出荷します。)

音量可変範囲
【ボリュームの場合】
0dB 〜 -63.5dB(絞り切ったら -95.5dBになります)

【エンコーダの場合】
0dB 〜 -95.5dB (0.5dBステップ 又は 1dBステップ切り替え)

1個のボリューム制御の場合こちらをご覧ください。
2個のボリューム制御の場合こちらをご覧ください。
ロータリーエンコーダーで0.5dB/クリックの場合こちらをご覧ください。
ロータリーエンコーダーで1dB/クリックの場合こちらをご覧ください。

基板の大きさは50 × 60mmで、43 × 53mmの所にネジ穴があります。2枚共同じ大きさです。
詳しくはこちらをご覧ください。

PGA2320 電子ボリューム完成品です。
全ての部品実装済みで、動作チェック済みです。

マイコン基板の回路図はこちらをご覧ください。

電子ボリューム基板の回路図はこちらをご覧ください。

取り扱い説明などは付属しませんが、解説サイトを作っていますのでご覧ください。